8月号 追加コンテンツ2
潜在意識ライティング事例1

 

潜在意識ライティングの事例として、最適な文章を見つけたのでシェアします。

 

以下に提示してあるのは、ある方のメルマガの文章です。

 

内容としては、メルマガの筆者が、読者からの批判に対しての自分の対応と、心ない人の言葉に、傷つけられるなんてもったいないという主張です。

 

 

こちら、とても良く出来た潜在意識ライティングです。

 

潜在意識ライティングの大きな目的の1つである、自分の潜在意識を書き換えるために、あえて文章化しているからです。

 

 

潜在意識とは、自分の持っているフィルター、前提みたいなものです。

 

 

例えば、今回の事例のように、人から批判されたとき、「やっぱりな~」と自分を責めてしまう、もしくは、「あいつが悪い」と相手を責める前提を持っていたとします。

 

前提は人により全く違いますので、他の考えとか感情もあるはずですが、今回は事例として、2パターン書いているだけです。

 

 

つまり、どんな前提を持っているにしろ、心ない人の言葉に、傷つけられるなんてもったいないから、私は気にしませんよと書き換えてしまう。

 

 

批判をされたときに

 

自分もしくは相手を責める ⇒ 何を言われても傷つかない気にしない

 

という、書き換えをするってことです。

 

 

 

これは、書き換えを潜在意識ライティングでやるときに、自分の中で問題が解決していなくても、(やっぱ、自分や相手を責める気持ちがあるままで)文章上では、書き換わった自分を演じる。

 

これを、何度も読み返したり、他の角度から同じように、書き換わった自分を演じることで、本当に書き換わるというものです。

 

 

まずは、潜在意識ライティングをしている、メルマガを読んでください。

 

突然ですが・・・

○○さまは
人から批判されたり
攻撃されたりしたら

“どのような反応”

をしていますか?

・・・・

・・・・

・・・・

「ただただ
傷ついています…」

という人や

「同じように
言い返してやります!」

という人や

「そんなの無視します」

という人など

いろいろな反応が
それぞれありますよね。

この”反応”に
正解はないのですが
どんな反応をすると

心にダメージが
残りにくいのでしょうか?

・・・・

・・・・

・・・・

それをこのメルマガで
○○さまに
シェアさせていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は

●心理カウンセラー
●コンサルタント

を職業として
やっています。

普段は真面目に
お客さまひとりひとり

“カウンセリング”

をやっています。

そして”趣味”であり
“副業”として

●メルマガ
●Youtube
●Twitter

などのSNSをやってます。

SNSでの発信は
自分自身が興味のある

“スピリチュアル”

の発信が中心です。

最近もYoutubeで

“ライオンズゲート”

のことや

“守護霊さま”

のことを
お伝えしました。

でもスピリチュアルな
ことをお伝えすると

必ずと言っていいほど

「お前は本当に
心理カウンセラーなのか?」

とか

「絶対、こんなヤツに
カウンセリングして欲しくない」

とか

「こいつ超絶、
怪しいわ~~!!」

というような
コメントがやってきます。

120%です。

そんな批判や
攻撃をされたとき

私は傷ついたり
悩んだりしているのか?

・・・・

・・・・

・・・・

まったくしていません。

心ないことを
言ってくる人のせいで
心が傷つくなんて
もったいなさすぎます。

こんなことで
傷つくようでは
ネットやSNSでの
発信はできませんよね。

では、私はどのような
“反応”をしているのか?

・・・・

・・・・

・・・・

——————————————

Q.
「お前は本当に
心理カウンセラーなのか?」

A.
はい。

心理カウンセラーで
16年以上独立していて
ご飯を食べています。

法人の事業内容にも

“カウンセリング業”

と書いて登記しています。

——————————————

Q.
「絶対、こんなヤツに
カウンセリングして欲しくない」

A.
その通りです。

カウンセリングは

“相性が絶対に大事”

なので困っても
私に頼らない方がいいです。

——————————————

Q.
「こいつ超絶、
怪しいわ~~!!」

A.
怪しいですよね。

守護霊さまとか
感謝とか愛とか
うさん臭いですよね。

その気持ちは
よ~くわかります。

でも、私は
そういうのを
大切にしていたら・・・

人生がなぜか
うまくいっちゃいました!
(^ ^)/

——————————————

一例ですが、
こんな感じです。

もちろん、いわゆる

“アンチの方々”

に対してわざわざ
返信はしないですよ。

『心の中で』

そういう反応を
しているだけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【お前の
母ちゃん、デベソ!】

と言われて

「うるさい!!」

とか、いちいち
反応しなくていいんです 笑

——————————————
『デベソの場合』

A.そうですよ。

何か問題ありますか?

——————————————
『デベソじゃない場合』

A.違いますよ。

デベソじゃないですよ。

——————————————

批判してくる人
攻撃的な人に対しては

『事実を伝えるだけ』
『事実を思うだけ』

これだけでOKです。

こういう反応をしたら
周りに振り回される
ことがなくなります。

○○さまも
ぜひこの”反応”を
参考にしてくださいね。

○○さまが
心ない人の言葉に
傷つけられるなんて
もったいないです!

どんどん幸せに
素敵な人生になって
いきましょうね!!

 

このメルマガの文章を見て、どう思いましたか?

 

 

私は、この文章を見たときに、この筆者はまだこの問題が解決していないので、あえて文章化して自分を落ち着かせ、潜在意識を書き換えていると感じました。

 

 

まだまだ、批判されたことに対して、相手に対して許せない気持ちを感じるからです。

 

 

おそらく、気持ちの切り替えができないからこそ、文章化して人の目に触れさせることによって、その人達の集合意識も利用して、自分の潜在意識を書き換えています。

 

 

潜在意識ライティングとは、あえて文章化して自分の気持ちを書き換えるだけでなく、ひと目に触れさせることにより、読み手の集合意識も利用して、自分の潜在意識を書き換えているのです。

 

 

この筆者は、文章にも書いているとおり、批判されたことに反応して傷ついて、振り回されているんですよ。

 

だからこそ、

 

 

======

批判してくる人
攻撃的な人に対しては

『事実を伝えるだけ』
『事実を思うだけ』

これだけでOKです。

こういう反応をしたら
周りに振り回される
ことがなくなります。

○○さまも
ぜひこの”反応”を
参考にしてくださいね。

○○さまが
心ない人の言葉に
傷つけられるなんて
もったいないです!

どんどん幸せに
素敵な人生になって
いきましょうね!!

======

 

こう書くことで、そういう自分に書き換わりたい、そういう前提を持ちたいと思っています。

 

 

潜在意識ライティングは、こうやって、自分のネガティブな部分も書き換えられるし、未来のこうなりたい自分も書くことで、人に知らせることで集合意識を利用して、望みを叶えていくのです。

 

 

今回は、ネガティブな書き換え事例があったので、シェアしました。

 

 

 

で、ここで、さらに重要な話があります。

 

批判されたときって、

 

=====

批判してくる人
攻撃的な人に対しては

『事実を伝えるだけ』
『事実を思うだけ』

これだけでOKです。

=====

 

と、この筆者は書いていますが、実は別の視点もあります。

 

 

こういう批判をしてくる人は、自分自身に対しても同じ批判をしています。

 

批判というようりも、批判した内容を自分でもしたいのに自分に許せていない。

 

自分で我慢していることを、あえて、この筆者がやっているから、なおさら許せないのです。

 

 

 

だから、そういう相手に、『事実を伝えるだけ』、『事実を思うだけ』では、通じないです。

 

その人自身が、筆者がやっていて許せないことを、自分に許せない限り。

 

なので、気にしない、相手にしないのがいいです。

 

 

 

これは、こういう矢面に立つ人長に限らずに、あなた自身が、まわりのひとから批判されたりするときも、全く同じです。

 

批判されるのは、あなたに非があるのではなく、批判をした人自身の問題だから。

 

だからこそ、そういう批判を言われたり、人づてに聞いたとしても、「教えてくれてありがとう」と、表面的に言って、知らん顔しておけばいいだけ。

 

あなたが傷つく必要などありません。

 

 

 

さらに言えば、この筆者は今、波に乗っている状態で、読者さんも増えているからこそ、批判をしてくる人も増えてくる。

 

このように、今までの自分よりもさらに上のステージに行くときにあるあるです。

 

ステージが変わりつつあるときは、元のステージに戻すような事が起こるってくるからです。

 

 

ステージが変わるときって、新しい場所にいくわけで、居心地が悪くなるんですよ。

 

本当は今までいた場所にいたほうが楽だし居心地がいい。

 

だからこそ、こういう事が起きて、元のステージに戻されるような試練がくるのです。

 

 

多くの人はここで、元の居心地の良いステージ、場所に戻ります。

 

新しい場所、ステージに行く恐怖から、こういうきっかけを待っていて自分で引き寄せたともいえます。

 

 

だからこそ、この筆者のように、元にもどらないようにするためにも、潜在意識ライティングは知っているだけでも心強いです。

 

恐怖にも打ち勝ってください。

 

 

そもそも、この筆者は潜在意識のプロなので、このメルマガ書いて元の場所、ステージに戻らないように、潜在意識を書き換えているのでしょうね。

 

 

 

どんなにすごいと思える人でも、こうやってステージが変わるときって恐怖がつきまとい、元の場所、ステージにもどされる事を引き寄せています。

 

だからこそ、恐怖に打ち勝つためにも潜在意識ライティング、使ってください!

 

 

 

 

4ヶ月コースの方は、この話の感想とか、質問とか、こういう話をもっと聞きたいとか、こういう話は聞きたくないなど、ありましたら以下のアンケートに自由に書いてください!

 

今回の話の感想、特に聞きたいです。

あなた自身のアウトプットにもなりますので、ぜひ、書いてくださいね!

 

https://forms.gle/1Dk1AysWTK97t5ZQ8